読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンのクロスウォーぶろぐ

ガンダムクロスウォーについて気ままに語ります  入門編から中級者、上級者向けの記事まで幅広く書いています

【7/7現在】主なデッキタイプ一覧

さて、3弾が発売されてからしばらく経ち大きな大会が3つ終わった事によって現在の環境もある程度見えて

 
 
………きません!
 
 
大会はどれも全く違うタイプのデッキが上がってきてますし地域によってもかなり差があります 
アプリでしてても日によって多いデッキタイプは違いますし恐らくまだまだ環境は動くと思うし群雄割拠のまま次のエキストラパック発売まで行く可能性が高いです(^^;
 
 
さて、そこで今回は現在環境にいる様々なデッキタイプ紹介や個人的なデッキランクを出していこうかなと思います!
あくまでも個人的なですのでこんなデッキも結構見るよ!とかそのランクはおかしい!みたいなご意見ご感想はどんどんお寄せ下さい(* ̄∇ ̄)ノ
 
それと混色のデッキタイプに名称をつけるときに自分はメインの色を先に、サブの色を後につけるようにしています
例えば青メインのサブに緑を採用しているなら青緑みたいな感じです どちらも同じような比率なら呼び方は気分次第ですww
また、片方の色が一種類のみの採用や4~6枚のみ投入の場合は⚪t(タッチ)⚪デッキと呼ぶようにしています
黄単のデッキにナドレのみ投入の場合は黄t黒デッキですね
 
 
 
 デッキタイプ一覧
 
 
()
 
自分が前回ブログで紹介したデッキ(青メイン)や先週末名古屋の地域No1決定戦で優勝した(緑メイン)のがこのデッキタイプとなります
青と緑どっちがメインになるかで戦い方は変わってきますがキーカードはどちらも同じで新弾のFAガンダムサイコザクという環境の中心にいる2枚を同時採用出来る点が強みです
新環境ではFAユニコーンが青デッキフィニッシャーとして君臨しているため、そこまでどうやって繋ぐかが青系統の共通のテーマになりつつあります(出すまでもない事も多々ありw)
その中でも防衛や回復特化の青メイン、除去やドロー特化の緑メイン、ファンネルなど展開力重視の赤メインという感じでどれをメインにしていくか選択していく事になるでしょう
 

 
()
 
こちらは前記した通り赤の展開力を活かしつつバイアランカスタムで盤面有利を維持していく戦い方が基本となります 現環境で数少ない後攻でも強いカードであるPRサザビーバイアランカスタムで盤面を制圧してフルアーマーユニコーンで一気に打点を叩きつける形が多いですが、こちらも破壊工作などW勢を大量投入した先攻特化とも言える様なデッキタイプや、クシャトリアベッセルング等急襲を増やし、カウンターカードにハマーンの決意も入れた急襲特化など青赤デッキの中でも細分化出来ないほど数多くのデッキタイプが存在します
その中でも共通のキーカードとして採用率が高いのは
PRサザビーバイアランカスタム、FAガンダム、FAユニコーンではないかと思います
 

 
 
この3色デッキタイプは青緑赤それぞれの特色である、防衛、戦闘除去、展開力の良いとこどりをしたデッキとも言えます
事故率や回し方、構築が難しい分カードプールが多い為に柔軟に環境に対応しやすいのが強みと言えます
こちらもデッキタイプが多く細分化は難しいですが、やはりキーカードとしてFAガンダムサイコザクバイアランカスタムにFAユニコーンなどは挙げられるでしょう
いずれにしろ青は単色というよりも緑か赤と組ませる形が多く見られます 単色だとデッキパワーが低いというわけではないと思いますが、混色クルーが緑と赤という青の痒いところに手が届く組み合わせになっているために混色デッキとなる事が多いのだと思います
 

 
 
現在環境はミッドレンジが多い中このデッキは序盤からガンガン攻めてきます またザクキャノンやサイコザク、コンティオなど青系統をメタるカードが多めに入っている印象があります 
一気に大量得点取るというタイプではないですが、的確に防衛を除去しながら緑のドローを活かしつつ継続的に母艦に打点を入れてきます
マゼラとカプールを両採用したウィニーやジョニーザクの能力を活かしたカウンター大量投入型、バウンスや戦闘除去が多い除去特化などこちらも色んなデッキタイプが見られます
 
 

緑単
 
緑単は前作からあまりやっている事は変わらないのですが、サイコザクによって強力な除去手段を手に入れた事や、パイロット枠が減っている上に環境的にメタを張られにくくなった事によってノイエジールガトーは今も強いです
ウィニー系が主流なのは同じですが対艦ライフルシャアザクを採用したザクデッキやジョニーザクで大量に総合整備計画を大量に張るコスト軽減型など新たなデッキタイプも散見されます
 

 
黄単
 
このデッキタイプは最も前環境と中身の変化が少ないデッキタイプと言っても良いかもしれません 
2弾第2バルバトス(新弾で別の第2バルバトスが出てきたからややこしいw) やエクシアヴァーチェなどのソレスタ勢、困った時のフルバフリーダムなどやる事は基本的に変わってませんが、盤面作りながらフィニッシャーにもなる第6バルバトスや追加されたソレスタ勢で確実に強化はされています
ウィニーが減った分焼きのカードは少なめになっている傾向があるような気がします
高いスタッツを活かしてガンガン戦闘しながら貫通によってライフレースで有利を取るデッキタイプが多いのではないでしょうか
 

 
t黒
 
これは黄単と分けるべきかかなり悩みましたが一応分けておきました
だが黄単と基本的にやる事は変わりません 黄単にナドレのみ投入されていると思ってくれて良いと思います 先週末池袋の地域No1で優勝したデッキがこのタイプになると思います
ナドレは確かに強力な混色カードで条件さえ揃えば2コス全体に2ダメージ焼きの4/4ですからエクシア刹那のワンショット等を狙うのにも有用でこのユニットの為に混色にするも納得です
ナドレを活かす為に黄単よりもソレスタ色が強くなる傾向があり、パイロットもソレスタを活かすものに枠を割く事が多いです
 

 
 
これは黄単や先ほどの黄t黒とは違う構築になっています
エアリーズやトールギスなどの作戦が入っている事が多く、枚数比率的にも黄と黒が同じくらいのバランスになっている傾向があります
黄単に作戦要素を加えたデッキと言えば良いのでしょうか…このデッキは自分で組んだりしてないので詳しくは良く分かりませんごめんなさい(^^;

 

赤単
 
今まで通り赤の素早い展開からバウンス等でお茶を濁しながらガンガン攻めていくデッキタイプが主流になります
ただ青赤のところでも書いたようにこちらにも破壊工作等のW勢を大量投入した先攻特化とも言えるデッキタイプが存在します この場合青赤でやるよりもかなり尖っている事が多いために、じゃんけんで勝つことが一番の対策とも言えるかもしれませんww



基本は赤単のウィニーの様な構築ですが、これに防衛無視のトーラスや5ターン目トールギスシャアの亡霊を加え、安定性を犠牲にしたかわりに爆発力を増したタイプである事が多いです
シャアの亡霊は素で出しても一応5コス6/6のスタッツは出せる事から最近トールギスとセットで見ることが増えましたね



黒単

黒単を組むにあたって作戦は基本的なデッキの軸になりがちですが、もう1つの強みとして制圧を採用するか除去を採用するかが分かれるところですね
どちらが多いのかと聞かれたらやはり制圧型なのではないでしょうか
黒の除去も優秀なカードが多いのですが、クワトロ一枚で止まってしまったりサイコザク等他のお手軽で優秀な除去カードに比べたら見劣りする印象があります
制圧と作戦を軸にして無理やり相手が制圧ユニットをパイロット乗っけて除去しに来たところをもっと生きていれば等で除去してジワジワとアドを取っていくのが主流ではないでしょうか




さて、今最も話題となっているデッキタイプではないでしょうか
事の発端は先週末に開催されたクロスウォーフェスタのガンスリンガー形式でのイベントです
ここで1位から3位までの上位3人が全てこのデッキタイプだったのです
クロスウォープレイヤーのほとんどがこのデッキに驚いたと思います クロスウォー発売以来最も大きいインパクトを与えたデッキタイプとも言っていいかもしれません
トールギス光の翼や、トールギスとシャアの亡霊等それぞれのパーツを活かしたデッキは散見されたもののその両方を取り入れたデッキというのは新鮮でしたが、作戦というのは色の指定をほぼ無視できるのでかなり理にかなったデッキと言えるでしょう

デッキの動き方としては全てトールギスにかかっていると言っても良いかもしれません
トールギス光の翼からシャアの亡霊で一気に14点+4体展開等噛み合った時の強さは全てのデッキタイプのなかでも最強といえる程の動きをしますがトールギスが5~6tまでに引けなかったりした場合デッキパワーがガクンと下がるかなり尖っているデッキです
負けるときはあっさり負けますが光の翼を生やしたトールギスがファンネル出しながら殺人的な速度で相手母艦を削っていく気持ちよさはかなりのものです
トールギスとのに自信がある方は是非1度試してみると良いでしょう




長くなってしまったので今回はここまでで(* ̄∇ ̄)ノ  デッキタイプを自分なりに分かる範囲であげていきましたがもちろんこれ以外にも様々なデッキタイプが存在していますしこれからもどんどん新しくでてくる事でしょう こんなデッキ強いよ!みたいなのあったら隠さず教えてください!もれなくパクらせてもらいますww


1週間色々と試してみた結果出した個人的デッキランキングはまた次回の更新で記事にしていこうかと思います!